歴代の株価暴落・急落ランキング(下落率の記録)

歴代の株価暴落ランキングです。日経平均の1日の下落率の記録を大きい順に並べました。日経新聞やスナップアップ投資顧問のデータ資料から作成しました。1位はブラックマンデー(1987年10月)、2位はリーマンショック(2008年10月)、3位は東日本大震災(2011年3月)です。下落幅ではなく下落率の順位です。

■ 1日の株価下落率ランキング
順位 年月日 下落率 理由
1987年10月20日 -14.90%

2万5746円56銭→2万1910円08銭(▲3836円48銭)
ブラック・マンデー。前日の10月19日(月)に、米ニューヨーク市場で株価が史上最大の下落を記録した。 ダウ平均は、22.6%も下落。世界がパニック状態となり、翌日の日本市場でも売りが殺到した。

ブラックマンデーの原因については、意見が分かれているが、背景としては「金利の上昇」がある。 それまでの低金利によってアメリカを中心に投機熱が高まり、株式が過剰に買われていた。 金利上昇によってバブルが一気に破裂し急降下した。

また、より直接的な引き金としては、 米国のベーカー財務長官の「ドル安容認」発言がある。 西ドイツの金融引き締めをけん制するための発言だったが、 財政赤字と貿易赤字の「双子の赤字」を抱えるアメリカ経済の不安を煽った。 米国市場が資金が逃げ出し、パニック的な「米国売り」を起こした。

この日の暴落によってアメリカの投資家は深い傷を負い、立ち直るのに時間がかかった。しかし、バブル景気が続いていた日本では、その後の回復が早かった。
2008年10月16日 -11.41%

9547円47銭→8458円45銭(▲1089円02銭)
リーマン・ショック。2008年9月15日に米証券会社リーマン・ブラザーズが破綻。その後、世界的に株価急落が続いていた。 この日は、前々日に発表された米小売売上高統計が市場予測を下回るなど、米国の景気後退局面入りが確実となったことが嫌気された。外国為替市場の円相場が円高・ドル安に進行したことも輸出関連株の売りにつながった。
2011年3月15日 -10.55%

9,620円49銭→8605円15銭(▲1015円34銭)
東日本大震災。2011年3月11日(金)に地震が発生。翌週、福島の原発事故の危機的な状況が明らかになり、放射能漏れの恐怖も拡大。売りが殺到した。
1953年3月5日 -10.00%

378円22銭→340円41銭(▲37円81銭)
スターリン暴落。「ソ連(現ロシア)のスターリン首相重体」の報道で起こった東京市場の株価大暴落。この日の東証平均株価(現日経平均株価)下落率(10%)は当時としては最大。スターリン死去で米ソの緊張緩和と朝鮮戦争休戦交渉の進展が予想されたことから、軍需関連株を中心に東京市場の株価が急落した。スターリンは5日に死亡した。「スターリン暴落」をきっかけに株価は低迷し、平均株価は戦後3番目の長さとなる12営業日続落を記録した。
2008年10月10日 -9.62%

9157円49銭→8276円43銭(▲881円06銭)
リーマン・ショック。前日の米国株の急落に加え、大和生命保険や不動産投資信託(REIT)のニューシティ・レジデンス投資法人が破たんを発表するなど悪材料が重なった。
2008年10月24日 -9.60%

8460円98銭→7649円8銭(▲811円90銭)
リーマン・ショック。 円相場が1日で7円も円高になるなど、円が主要通貨に対して全面高の展開に。 円高による日本の景気悪化の懸念が深刻化し、売りが殺到した。
2008年10月8日 -9.38%

1万155円90銭→9203円32銭(▲952円58銭)
リーマン・ショック。金融危機が欧州にも拡大。アイスランドで全ての銀行が国有化されるなど、未曽有の世界同時金融危機が本格化した。
1970年4月30日 -8.69%

2315円43銭→2114円32銭(▲201円11銭)
IOSショック。スイスの投資信託会社の国際投資信託(IOS)の倒産を受けて、世界的に株価が暴落した。IOSは欧米のファンドを組み入れたファンド・オブ・ファンズ(FOF)を運用し、1960年代の世界的な株価上昇期にヨーロッパ中心に販売を伸ばし、世界屈指の資産残高を誇った。しかし、1960年代末からの株式相場の下落に伴い解約が急増。不透明なディスクロージャーも問題となり、破綻に追い込まれた。
2016年6月24日 -7.92%

1万6238円35銭→1万4952円2銭(▲1286円33銭)
英国のEU離脱ショック。イギリスの国民投票で、EUからの離脱が勝利したことで、株価げ急落。前日までEU残留が優勢と見られていたこともあり、株価が暴落した。
10 1971年8月16日 -7.68%

2740円98銭→2530円48銭(210円50銭)
ニクソン・ショック。米国のニクソン政権が突如、ドルと金の交換の一時停止を発表した。